知っておきたい脱毛のポイント

ムダ毛の自己処理で起こりがちな肌トラブルまとめ

脱毛サロンでの永久脱毛が一般的になってきたとはいえ、まだまだ自己処理をしている人はたくさんいます。自宅で手軽にできる自己処理ですが、気を付けないとさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。今回は、自己処理の失敗で起こる肌トラブルについてご説明します。

1.薬剤による肌荒れ

除毛ワックスやシェービングクリームなどが肌に合わずに肌荒れをしてしまうケースがあります。敏感肌でほかの化粧品でも肌に合わなかった経験のある人は、使用前にきちんとパッチテストをやっておきましょう。

2.カミソリ負け

最近のカミソリは以前のものと比べてより安全性の高いデザインになっています。とはいえ、刃のお手入れが十分でなかったり、ごつごつして剃りにくい部位を剃った時にはカミソリ負けをしてしまうことがあります。

3.毛嚢炎

毛嚢炎とは、毛穴が炎症を起こして赤く腫れ、ぶつぶつになってしまうことです。毛を抜いた毛穴から入り込んだブドウ球菌などの細菌に感染して起こるケースが多くなっています。

4.色素沈着

皮膚は強い刺激を受けると、メラニン色素を過剰に分泌してダメージから肌を守ろうとします。毛抜きで無理やり引き抜いたり、カミソリで皮膚をこすることによって色素沈着を引き起こしてしまうのです。

5.埋没毛

毛が皮膚のに埋まってしまい、表面に出ることができなくなっている状態です。刺激を受けた皮膚が急いで毛穴を修復しようとするためにまだ短かった毛の上から毛穴をふさいでしまうことでできる埋没毛、無理やり皮膚の表面に出して抜こうとすれば、余計に肌を傷つけてしまいます。