知っておきたい脱毛のポイント

サロンでの脱毛に副作用はあるの?

肌に熱を持った光を当ててムダ毛の毛根に働きかけ、発毛を抑止するフラッシュ脱毛やレーザー脱毛。それを聞くだけで、どことなく肌に悪いようなイメージを持ってしまう人もいるかもしれません。実際、妊娠中や授乳中の方、高校生未満のお子様などは施術を断られるケースもあります。これはつまり、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛には副作用があるということなのでしょうか?

まず、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛に副作用はありません。これが原因で皮膚病になったり体調が悪くなったりということはないので安心してください。ではなぜ妊娠中や授乳中、子供は施術できないのでしょうか?それは、ホルモンバランスが整っていないことが理由です。ホルモンバランスが乱れていると、ムダ毛の発育が活発になったりという症状が現れることがあります。そのため、施術した後から新たな毛根が生まれてしまい、脱毛効果が薄らいでしまうことがあるのです。

また、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、確かに肌に負担を与えます。しかし一般的なサロンでは施術後にクールダウンなどのアフターケアをしっかりしてくれるため、これが肌トラブルに発展することは少ないでしょう。ただし、自分でも施術中の日焼けは避けたり、施術当日に過度な運動や長時間の入浴は避けるなど注意する必要があります。そういった指導はサロンで行ってもらえるので安心してください。また、クリニックで施術すれば、脱毛で肌トラブルが起きた場合にはそのクリニックで治療をしてもらえるのでより安心です。